醍醐さんの立場はどうなるの

6月 26, 2014

毎朝楽しみに見ている”花子とアン”。

蓮子とはなが久しぶりに再会したのだが、少し前からどうも腑に落ちないというか
気になる事があるのだ。

それは、”腹心の友”が幼い頃からずっと一緒だった醍醐亜矢子ではなく、
1年も付き合いのない蓮子さんなのか?

醍醐さんは田舎から出てきたはなにとても親切に接してくれたし、
退学になりそうなはなを助けたりした。
出版社に勤める今でもはなのことに世話を焼いてくれている。


こんなに長い付き合いがあるのに、はなは醍醐さんのことをなんだと思っているのだろう?
ちょっと醍醐さんのことが可愛そうになってしまう。

もしかしたら、蓮子の登場で脚本が仕方なくこういう形になってしまったのではとも思うけど。

Comments are closed.